Twitterのリツイートを甘く見ない方がよい判決が下る


スポンサードリンク

 「東京高裁前の裁判所と書かれた看板」の写真

 

 興味深い記事だったので。

news.yahoo.co.jp

 

以下一部引用。

リツイート者の情報を開示せよと、写真家がツイッター社を訴えた発信者情報開示に関する訴訟。

写真を含むツイートをリツイートするとツイッターの仕様(CSSの設定)により写真がトリミングされてサムネールとして表示されますが、それによってリツイート者は写真の著作者の著作者人格権(同一性保持権と氏名表示権)を侵害し得るという判決が最高裁で確定したということになります。

 

個人的見解

リツイートするだけで著作権侵害リツイート側の情報開示せよというとなると

 気軽にリツイートなんてできない...

・ボタン一つでリツイートできてしまうのにリスクの方が大きすぎるだろ。

リツイート使用しないTweetなんて...もうそもそもTwitterやる必要あるん

 か...

・判決を下した裁判官はTwitter使ったことあるのかな...

 多くのリツイートがこれに当てはまるんだけど。

・そもそも拡散するためのツールだからな。

 

このようなものもありました。

diamond.jp

 

以下一部引用

 「この裁判で原告は『リツイートした内容は元々、自分が発信したものではない』という趣旨の主張を展開しました。しかし裁判所は、リツイートであってもツイートと同じように損害賠償請求は可能である、というふうに結論づけたのです」

 

個人的見解

・問題提起してくれたおかげで、みんなで考える土俵を作ったね。

・まあ、それだけ個人が痛めつけられているということじゃないかな。

・泣き寝入りしてた人も多くいるんじゃないか。

・まだまだ法整備されていないからどんどんこういった訴訟が増えていくだろうね。

 

まとめ

リツイート側の責任が明確にされた。

リツイートは慎重に。

法整備はまだまだ発展途上。

人の嫌がらせの為にツールを使わない。悪用しない。

公共に有益になる使い方をしましょう。