株価・大衆がロングに傾きだした時


スポンサードリンク

f:id:haruka7777:20200625224743p:plain


緩和しているから必ず上がると大衆が買い始めた。

個人的にはヤバいと思っている。

いつ買いポジションを決済するか

ババ抜きが始まったと思っている。

コロナショックは一次的な株の行って来いだったと思っている。

二番底は来ないという人が多数派になったので

いよいよ警戒している。

 

FRB中央銀行がジャンク債の購入までやると言っている。

放っておいたら倒産する企業を中央銀行がお金で買い支えるようなものである。

これが果たして健全な市場だと言えるだろうか。

 

ショックのため一時的に

中央銀行

金融緩和を過去最大に行い

企業債の買い取り

自国国債発行・買い取ってお金を流すのはいいとしよう。

だがそれは、禁断の果実をかじってしまったようにも感じている。

緩和を止めた途端に(メッセージを発した途端)

景気が悪くなるのを政府・中央銀行

それを止める、アナウンスすることは

果たしてできるのであろうか。

コロナ後は自立して頑張ってくださいと手を離した途端

(国が買い支えしない、できなくなった途端)

経済が崩れることを中央銀行が知らないわけがない。

分かっていようが、例により周りの圧力等に屈して

思うような金融引き締めを行えなくなってしまう可能性が高い。

引き締めを渋れば渋る程、その代償は大きくなる。

歴史が物語っている。

 

金融経済は健全でなければ、いずれバランスが崩れていく。

些細なきっかけから、崩れていくのである。

しかも、金融から崩れた場合(債権のデフォルト・大企業多数倒産等)

壊れてしまった市場の回復には、時間がかかる。

リーマンショック

ビットコインバブル

ITバブル

バブルは政府・中央銀行が、いくら働きかけても弾けてしまうものである。

出遅れた大衆による上値での買いが溜まると

売り仕掛けもされやすくなる。

それきっかけによる

ポジション整理がポジション整理を呼ぶのである。

 

実経済と乖離していれば、必ず調整がおとずれるものである。

各国の中央銀行が緩和しようが何をしようが

市場のコントロール不能に陥る。

壊れると、回復に時間がかかるのだ。

 

私の方針

・売りはやらない。

(万が一予想が外れた場合、必ず死ぬ。)

・ロング・買いを狙う。

 下がりの終了はしっかり深く底を打つことが多いのでなるべく引き付ける。

・握ったら、持ち続ける。

 握り続けられるよう、それ以上下がったらナンピンできるよう

 1lotずつ指していく。

私はこれを睡眠投資法と勝手に名付けている。(もともとあるのかもしれないが)

普段の生活で株価にいちいち振り回されるのは嫌なのである。

 

だからまだ私は株価指数先物で買いを持つことは時期早々だと思っている。

まだ買い場ではないと思っている。

(あくまでも私の感想です)

※投資をおすすめする記事ではありません。投資は自己判断でお願いします。