FXを3年間、がんばってみた結果


スポンサードリンク

 

「グラフが書かれたプレゼン資料を指さす」の写真

 

FX為替取引は、9割は負けて退場すると言われている。

9割方が凡人ということである。

私も9割の中の凡人のうちの一人である。

しかし、凡人だからこそ

凡人なりの対処法、ポジションの取り方が見えてきた。

 

損切りせざる負えない状況に陥らないために。

資金が減ると戦えない。

まず守ることを第一に考える。

凡人はまず、損切りが苦手である。

簡単に損切りできる人の方が少数派である。

 

最も、一番効果があると思われる方法は

自分の報告書等から約定履歴を眺め

負けトレード分析を徹底的にやることである。

すると

自分の心理、行動が客観的に見えてくるのである。

たいていが

 

・負けた後、取り返そうと大胆なlotを張る。

・買った後に油断して大胆なlotを張る。

・中途半端な値段で入っている。

・含み損が増えると、取り返そうとナンピン

 気付いたら限界以上のlotを張っている。

新興国通貨を買う。

・同じことを繰り返している。

 

自分の負けトレード履歴こそが、FX為替取引においての教科書なのである。

 

負けた後の悲惨な生活を思い出すことをおすすめする。

凡人ほど、想像力に乏しく

実体験、経験によって理解が深まるものである。

 

負けた原因は、はっきり言って自分のせいである。

9割方は、これが自覚できていないことが多い。

地合いが悪かった等と言い訳する。

しかし、想定外のことが起こるのが相場である。

自分の環境認識が、間違っているのである。

それを強固に認めない。

でも逆に言えば

想定外のことが起こった時こそがチャンスなのである。

 

その時に凡人はどうしているかというと、打てる玉がなくなっている。

どうでもいいようなところでポジション持ち

含み損で苦しんでいる状態である。

含み損が増えすぎて、切るに切れなくなっている。

チャンス(最高値・最安値更新など)以外で

あまり相場が動かないときに

ポジションを持ち続けること自体が

リスクなのである。

気まぐれではいったスキャルピング

損切りできないのなら

ただの時限爆弾を持ち抱えているのに等しい。

 

現金で持っておいた方がいい時期も必ず存在する。

わざわざリスクを冒して、とりにいく必要はないのである。

(リスクをリスクだと自覚できないがゆえに、とりに行ってしまうということでもある。)

 

9割のトレーダーは、近視眼的なのである。

今日、明日単位の予測でポジションをとると

含み損になった時、たちまち逃げられなくなる。

たまたま勝てたとしても

ずっとFXを続けていけば

いつか想定外の値動きに引っかかり

退場せざる負えない状況に陥るのである。

 

今日上がる、明日上がるなどの日々予想でポジションを持っていいのは

素早く損切できる、逃げ足の速いゲーマーのようなトレーダーのみである。

意外と自分は凡人である、ということを自覚できていないことが多い。

凡人の自覚があれば、損切りできないのに

あんなに大胆にlotを張ることができないということに気づけるだろう。

 

経済アナリスト・ストラテジーの話は厄介である。

外れることもあるし当たることもあるので全くあてにならない。

経済アナリストの反対をやればいい、ということでもない。

値段という”数値”がすべてを物語っていると言っても過言ではない。

 

まとめ

・負けトレードでしっかり負けた原因を追究して

 ブレーキをしっかりかけられるようにする。

(損した後の気持ち、生活を思い出したらブレーキを掛けられるようになる。)

(ブレーキを掛けられない人は、まずFXに参加してはならない。)

・長期目線

・異常な値動きの時こそチャンス。少lotで大きめの値幅でナンピンしていく。

 (ドルコスト平均法。)

 (自分の持てるポジション以上持たないことを徹底管理する。)

・魅力的な価格でない場合は、ポジションを持たない。

新興国通貨はさわらない。

・すぐに儲けようと思わない。(利確を急がない。)

 

少lotでポジションを持つ。

これでは大した利益は出ないと思うだろう。

しかし

利益が出ても簡単に利確せず

伸ばせた利益の大きさは、意外とバカにできないことに気づくだろう。

これこそ、少数派に入るための戦略である。

(たいてい、早く利益がほしいので短期利確・多くlot張りがち。

 だから早期に退場せざる負えなくなるのである。)

 

※FXをおすすめする記事ではありません。

 投資は自己判断でお願いします。