東出昌大の不倫騒動について飽き飽きした人はいないか


スポンサードリンク

「イルミネーション前、精一杯の勇気」の写真[モデル:河村友歌]

※写真はイメージです。

 

知らない人のために説明すると

女優・杏さんの夫、東出昌大

8歳年下の女優・唐田えりかと3年間、不倫関係。

妊娠中も含め。

東出はイクメン、家族を大切にしているというイメージでCM・ドラマで活動。

そのイメージをぶち壊した、ということだ。

 

もちろんわかる。

杏さんは可哀そうだし、東出は奥さんより若い子とそういう関係をもち

相手を嫌な気分にさせ、自分勝手な都合で嘘をつきとおす

最低な男だというのもわかる。

しかし

飽きてこないか。その話題。

シャーデンフロイデ。(他人の不幸を喜ぶ気持ち。)

他人の不幸は蜜の味。メシウマ。

見たところで、掘ったところで、自分は一歩も、前進しませんから!

それに、わりとよく見るパターンである。

驚きもほぼない。

誰が悪くて誰が可哀そうという構図も、わかりやすすぎる。

へー、あっそー、ふーん、である。

スポンサーがどう、とかあるだろうが

自分には全く関係がないし、興味をそそらない。

芸能人とて人間である。

人間だもの(byみつを)。

いいこともすればよくないこともする。

本当に当たり前の事。

自分自身が芸能人自体に興味を失ってしまったのか...

 

私自身、こんなことをつぶやくこと自体、幼稚なのだろう。

ほっときゃいいのに。

ただ最近、本当にこの出来事に興味を持った人はどれほどだろう

と思った次第である。