えらてん氏のケンカ術は政治にどこまで通用するか勝手に分析してみる


スポンサードリンク

f:id:haruka7777:20191226131807p:plain


えらてん氏は今後、しょぼい政党なるものを立ち上げるらしい。

 

えらてん・矢内東紀(やうちはるき)

主に

・全国展開のイベントバーエデンの経営者

・Youtuber(宗教・顕正会・イケハヤ騒動等で名を上げる)

著作家(しょぼい起業で生きていく・NHKから国民を守る党の研究等)

経営コンサルタント、その他もろもろの事業を展開

 

えらてん氏は、双極性障害の症状により年内活動休止中である。

本当に余計なお世話であるが

興味を持った、ただの肩書もない、いちYoutube視聴者として

えらてん氏のケンカ術と政治家としてどうなのか

無責任に好き勝手に書かせていただこうと思う。

 

異名「ネット当たり屋」

被害者:イケハヤ、顕正会、メンタリストdaigo、立花孝志

えらてん氏により彼らは少なからずダメージを喰らっている。

「変だ」、「間違っている」、「世に悪影響」とえらてん氏自身が感じれば

もう黙ってはいられない。止まらない。

客観的に間違っているという事実を集め、粘着し、矛盾点を突く。

芯を喰うのだ。

やられる方はたまらない。

彼の魅力は、鋭い「突っ込み」ともいえる。

 

 ただし本人はケンカすることを策略・意図していないそうだ。

(全く後先考えていない、ということはないようである。意識していないとすれば

 無意識下で戦略、計算しているように感じる)

普通の大人ならばやらない。

なぜなら、自分が得られるメリットよりも

リスク、デメリットの方が多過ぎるからである。

粘着し、ヒートアップし、完膚なきまでダメージを喰らわせると

今後、ヤベー奴という印象を与えかねない。

立花氏凸動画等、経過を知らない、えらてんリスナーでない人の目にとまれば

少なくともドン引きするだろう。

 


立花孝志凸

出典:Youtube

 

個人的には、政治家向きではないと思う。

なぜなら、政治はケンカではないからだ。

ケンカはせいぜい問題提起までである。

政治は、大人の事情で成り立っている。

お金がある、お金が集まることが大前提として

大衆からの支持をたくさん得られる政治家が力を持つ。

あるいは、政治家を束ねることができる政治家が力を持つ。

二階幹事長みたいな政治を影で動かしているThe政治家といった方々である。

民衆からは嫌がられるが政治家にとっては切っても切り離せない存在みたいな。

政治家は、演者でもある。

れいわ新選組代表、山本太郎氏を例にみると

庶民・障がい者の味方として

魅力的にうつるのは俳優の経験が生きているように思う。

表現力と言えば嫌味はないかもしれない。

演じることで、大衆を惹きつけることができる。

庶民の味方を演じ続けなければならないし

自党の公約を果たす手段として

影響力のある政治家にすり寄るために演じなければならないこともある。

正直だけが正義ではない。

目的を叶えるための、交渉、取引、駆け引きをせざる負えない。

子供目線だと「嘘つき」だが、大人としてはわりと普通のことである。

民主主義は数である。派閥である。駆け引きである。

正直さ、正論だけで自爆テロのようにぶつかっていったとしても

何一つ、法案等を成立させることはできないだろう。

見た目だけでは何だか変えてくれそうだと期待させるが

大人が不在だと理解が得られず賛同も得にくい。

実効性としてはどうだろうかというところで疑問視される。

 

もうひとつ気になったのは

えらてん氏はインテリ層に寄っていきたいところが端々に見受けられる。

えらてんリスナー、支持者は発達障害精神障害者などの社会不適合者達である。

支持者はインテリ層とは別のところにいるように思う。

ポルポト・クメールルージュなんかを連想すれば

国の予算をインテリ側に注ぐというのは政策としては間違ってはいないのだろうが

どうしても、インテリ対庶民・弱者という対立構造が拭えず

両者、相容れないところがある。

しょぼかろうとも経営の手腕があり、Youtuberとして名を売り、本を書いている

えらてん氏自身を「弱者」と受けとめるには難しいところでもある。

 

あと、「飽きた」、とか普通に言い出しそう。

多動が故の持続力に難ありな感じが今までウォッチしてきた中での感想である。

視聴者がはしご外される瞬間がある。

本人も自身にはしご外されることがあるのではないだろうか。

昨日の自分は今日の自分ではない、みたいな。

あの安倍首相でさえ、改憲のために胃腸を壊そうが何年も辛抱強くたえている。

安倍首相を支持しているわけではないのだが

成し遂げるには、辛抱強さを欠ぐことはできない。

キレイな政治家を擁立して、裏で操る(言い方語弊があるが)ならば

ありなのかもしれないが。

 

ジャーナリスト・Youtuberとしては、すごく向いていると思う。

Youtuber としてはめちゃくちゃ面白い。

あのようなキチガイ行動(失礼)

絶対に真似できない。

頭がいいのは確かだし、センスも抜群である。

最近だと

・立花氏と実質コラボ動画

・N国党、大橋議員にスパチャ(スーパーチャット)投げた話

とか、思わず笑ってしまった。

本当に意地悪である。発想が狂っている。

意地悪ながらつい、のぞいてしまっている自分がいる。

 

もちろん、未来のことなので、勝手に決めつけてはいけないと思っている。

これから変貌をとげてみるみる成長し

思いもよらないことをやってのけるかもしれない。

媚びを売ることが苦手な彼が

思わぬ別の手段で突破してくるかもしれない。

思いもよらない行動を、無責任ながら期待してみる。

 

...本当に余計なお世話でした。

何様かと問われればカースト最下層からのしょぼい分析でした。