いいところでやめられないから負ける—FX


スポンサードリンク

f:id:haruka7777:20191016114839p:plain


いいところでやめられないから負ける

しごく当たり前のことを言っている。

しかし

これを実行するのが

どれだけ困難なことか

 

これが欲望脳に支配された状態である。

依存症の極みのようなものである。

でも人は

簡単に依存症のような状態になってしまう程

脆弱性が高いのである。

人間の特性として知っておく必要がある

 

負けトレーダー動画を見ると何かと勉強になる。

こういった動画を上げていただいていることに感謝・尊敬の念を抱いている。

パターンとしては

勝った後、大負けする

勝った金額以上に負ける。

言えば勝った後

ポジションを建てなければ勝てていたのだ。

勝ち逃げができないところに大きな敗因がある。

今だ!!この勢いでもっと、もっと稼げる!!

とチャンスが到来する前にポジションを持ってしまう。

勝ったおかげでlot管理が甘くなる

 

心理状態を分析してみる。

勝った状態・負けた状態―どちらも冷静さを欠く

勝った状態過信状態無双状態だと思い込み、やめられなくなる

負けた状態—損失を一刻も早く取り戻したいと焦りやめられなくなる

 

勝った心理状態負けた心理状態

行きつく先は含み損である。

チャンスを待てずにポジる。

含み損発生時

損失を軽くしようナンピンする。←ここにがある。ナンピンにより

                 ポジションを多く持ってしまう。

                 身動きが取れなくなる

                 余力がないせいで

                 さな値動きで刈られてしまう

      

FXは心理戦だと言われているのはここにもある。

下手すると自ら負けに行っている可能性もある。

焦り防衛本能により

誤った判断をして資金を飛ばす。

経営にも似ている。

lot数により

含み損がシャレにならなくなり

自らが耐えられなくなり自らの手で損失確定してしまう。

 

対処法として

一旦、脳を冷ました方がいい。

損益の計算がまともにできない状態で

FXに臨むのは非常に危険である。

ここで休めるか休めないかで

損益がらりと変わってくる

FXは経営だと考えるとよい。

赤字を垂れ流すと倒産してしまう

学習能力がなければ行き詰ってしまう

シビアな世界なのだ。

一発逆転を狙わず

コツコツと利益を積み上げていくのが

長く続けていく上で不可欠なスキルである。

 

これはFXをおすすめする記事ではありません。

投資は自己責任でお願いします。